【セミナー情報】研修設計に関するセミナーを実施します【株式会社マーケティング研究協会様主催】

■研修設計に関するセミナーを実施します

こんにちは。志コンサルティングの志村です。

私は、この2年間、オンライン研修プロデューサーとして様々な教育の設計や、教育コンテンツに関わってきました。

そのノウハウをまとめた研修を、株式会社マーケティング研究協会様の主催で実施することになりました。

社内研修の設計方法、ファシリテーション、効果測定のポイント等がわかり、研修をブラッシュアップできる内容になっています。

社員や取引先に教える人のための社内研修・勉強会「作り方」と「進め方」研修会

■本セミナー 3つの参加メリット

  1. 研修や勉強会の業務にすぐ使える「設計方法」「ファシリテーション」「効果測定」のポイントが分かる
  2. 働き方改革、オンラインに対応した最新ノウハウが入手できる
  3. 今準備中の研修をブラッシュアップする具体策がわかる

講師紹介

志村 智彦

志コンサルティング株式会社
代表取締役

立教大学卒業後、人材育成教育のコンサルタント会社に入社。大手から中小企業の教育研修、採用コンサルティングを行い、15年間でのべ3万人以上の育成に携わる。また、研修プロデューサーとして、数多くの教育教材を作成し、年150日以上稼働する講師を10人ほど育てる。人生100年時代における仕事観や人生観を提唱するため、2019年6月「人と組織の志と強みを見つけ、磨き、発信する」をテーマに志コンサルティング株式会社を創立。2020年4月、新型コロナウイルス禍の中、オンライン研修の可能性を模索し「オンラインzoom研修を成功させるための17の視点」の記事を執筆。SNSで拡散され2週間で6万PVとなる。現在はオンライン研修プロデューサーとして、各企業や研修会社の支援を行なっている。

セミナープログラム

1.社内の研修・勉強会担当者の心得

・社員が講師・ファシリテータをする意義と強み を活かす
・学ばせたいこと=学びたいこととは限らない

2.意欲的に学んでもらえるプログラム設計の基本

・対象者を更にマーケティングする
(ターゲット、ニーズ、提供価値を考える)
・おさえておきたい研修プログラムの設計セオリー 
・「対面  VS  オンライン」
  変わらないコト、ちょっと変えた方が良いコト

3.研修目的に応じた設計のコツ

 1)業務知識・法改正など、知識付与が目的の場合
  ゴール、提供価値、成果の設定ポイント
  【考察】研修前にできる動機づけとは?

 2)製品説明トークなど実践や行動変容が目的の場合
  ゴール、提供価値、成果の設定ポイント
   【考察】上司ではない、実践を強制できない立場で
       どこまでの成果を追求するか

4.参加者を巻き込むファシリテーション

・〇〇をして参加者と信頼関係を構築する
・場を温めるアイスブレイク
・参加者を飽きさせない、惹きつける講師の話し方
・自分ゴトで考えてもらい質問のハードルを下げる 方法
 【考察】
  法律や業務知識など、知識付与の研修で双方向性を出すことはできる?

5.研修成果の測定方法の考え方

・成果はいつ何で図るか?
 1)業務知識・法改正など、知識付与が目的の場合

 2)製品説明トークなど、実践や行動変容が目的の場合

6.読ませる?読ませない?研修教材のつくり方

・目的に応じた教材を準備する
 (配布物、投影するもの、動画活用)
・プロでなくでも作れるテキスト・動画づくりのコツ

7.事例で解説 社内講師による研修・勉強会の効果例

  [事例1] 美容業界|取引先への商品勉強会
      オンラインで営業活動の効率と顧客満足が向上

  [事例2] IT業界|情報インシデント防止研修
      重要だけど緊急性が低いテーマで満足度向上を実現
   

開催概要

開催日時:2022年7月21日(木) 10:00~16:00

会場:★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです

受講料:お一人様 44,000円(税込)

お申し込み・詳細について

お申し込み・詳細については下記のリンクよりご確認ください。